トラクター処分方法7選|不用品回収?廃棄?おすすめを紹介!

  • トラクターの処分方法が選びきれない…
  • できればお金をあまりかけずに処分したい…
  • 情報がバラバラでどうするか決められない…

トラクターの処分を進めたくても、様々な方法があって、どのように処分するか迷いますよね。

買取が良いという記事は多いけど、本当に買い取ってもらえるか自信が持てない人も多いはずです。

テノ

私は全国21店舗を構える農機具の販売と買取を行っている農機具王のWEB担当テノです。

この記事では、トラクター処分方法を全て紹介した上で、オススメの処分方法とオススメできない処分方法をまとめました。

  • 想定していた処分費用より抑えられたり
  • むしろ買取でお金がもらえたり

するヒントを書いています。

結論はタイトルにもある通り、買取業者に任せることです。

なぜ買取業者に任せることがオススメなのか。

その理由を説明するために、7つの処分方法からご紹介します。

トラクター処分方法は全部で7つ

トラクターを処分する方法は以下の7種類です。

  1. 買取業者に買取してもらう
  2. 販売店に下取りに出す
  3. 廃棄してもらう
  4. 農機具店に回収してもらう
  5. 不用品回収業者に依頼する
  6. インターネットで販売する
  7. 知人に安くまたは無料で譲る

オススメの順にトラクターの処分方法を並べました。

それぞれご紹介します。

①買取業者に買取してもらう

買取業者は高値でトラクターを買取してくれる可能性が高いです。

買取業者に問い合わせして、無料出張査定に申し込みすれば、引取してもらえる上にお金を手に入れられます。

中古トラクターは新規就農者や新興国で人気のある商品です。

買取需要も大きく、古くて壊れているトラクターにも値が付く可能性があります。

買取希望の方はまず私達の農機具の買取実績をご覧ください。

農機具王の買取実績

②販売店に下取りに出す

トラクターは修理費用が高いことが多いです。

新しくトラクターを買い換える際は、販売店に下取りしてもらう方法がよくとられています。

販売店は農機具メーカーのディーラーなどです。

買い替えの場合は、販売店に下取りを出す選択肢も候補にいれましょう。

③廃棄してもらう

専門の業者に引き取りにきてもらうか、業者まで持っていって処分してもらう方法です。

引き取りに来てもらう場合は、

  • 出張代
  • 引き上げ代
  • トラック代
  • スクラップ代

などが掛かることが想定され、およそ5万円〜の引き取りになる可能性が高いです。

④農機具店に回収してもらう

お近くの農機具店に持ち込んで、回収してもらう処分方法もあります。

ここで指す農機具店というは、買取サービスというより、町の農機具店というイメージです。

多くの場合、買取もしているので、買取業者という部類に入るかもしれません。

しかし回収してほしいと伝えると、買取ではなくなる可能性があります。

きちんと農機具店に確認を行いましょう。

メモ

インターネットにきちんと情報をのせている農機具店であれば、ただの回収ということもないです!

値がつく予定だったものが、値がつかない可能性には注意してください!

⑤不用品回収業者に依頼する

不用品として回収するので、

買取してもらえないor回収金額がかかる可能性

があります。

不用品として回収しても、その後は、スクラップするか別のところに販売するでしょう。

農機具の専門知識があれば良いですが、取り扱いの商品が多いので、正しく査定されない可能性があります。

注意点

農機具の専門知識がない場合は、不用品回収業者にお願いするのはやめておいたほうがいいです。

⑥インターネットで販売する

メルカリなどのフリマアプリや、ヤフオクなどのオークションサイトで販売する方法もあります。

しかしトラブルが多いです。

配送手配や販売時に掲載すべき情報などがわからないなどが理由になります。

後ほど、インターネットで販売して処分する方法を、おすすめできない理由を書いていきます。

⑦知人に安くまたは無料で譲る

知り合いに譲れれば、顔なじみの人に使ってもらえるし、トラクターに愛着を持っていたら、この選択肢を考える方も多いと思います。

安く譲るか無料で譲るかすることは可能です。

テノ

トラクターの処分方法をお伝えしてきました。ここから先はおすすめできない処分方法をお伝えします。

オススメできないトラクター処分方法

オススメできない処分方法です。

金銭的に損をしてしまったり、面倒なことになる可能性もあります。

きちんと抑えておきましょう。

先程上げた7つの処分方法で特にオススメできないのは以下の3つです。

  • インターネットで販売する
  • 知人に販売する
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれおすすめできない理由を紹介します。

インターネットで販売しないほうがいい理由

素人がインターネットで販売するとトラブルだらけです。

まず、配送の問題。

大きくて重いトラクターを、配送する手間はかなりものです。

当然、買取業者はトラクターを買取をした後、買取価格に上乗せした販売価格で販売して儲けています。

だから…

テノ

インターネットで販売したくなる気持ち、よくわかります…

しかし、販売時に記載しなければならないことが抜け落ちていたり、相場がわからず売れないこともあるのです。

現実的に、買取業者に任せるのが無難だと思います。

知人に販売する方法

トラクターの故障などのトラブルや、金銭的なトラブルに繋がりやすいので、オススメできません。

特に契約書も交わさず、言った言わなかったとなってしまっては、関係も悪化します。

特に期日にお金が振り込まれなかったりと、金銭面の問題などもあるので、手を出さないのが無難です。

当然トラブルがなければ、間に業者が入らないので、お互いWIN-WINでしょう。

しかしトラブルが多発しているのが現状です。

不用品回収業者に依頼する

どんな物で回収する業者は少し注意が必要です。

相場がわからないことに買い叩かれてしまう可能性もあるし、売れる可能性があるものにお金を払って回収してもらう可能性もあります。

不用品回収業者が悪い面もあるのですが、中古トラクターという需要のある商品だからこそ、買取業者にお願いしたほうが無難です。

テノ

トラブルがないことが一番なのと、需要のある商品だから買い叩かれてしまう可能性を考えておきましょう!

トラクターの処分方法でオススメは買取してもらうこと

中古トラクターは需要があります。

しかも、古くても壊れていても値が付くことがあるのです。

トラクターの処分で買取がオススメな理由は3つ

  1. 古くても値が付く
  2. 故障していてもパーツに値が付く
  3. 値がつかなかった場合、無料または低額で引き取ってもらえる

更にそれぞれ詳細を説明します。

古くても値がつく

古くて電子部品が少ないトラクターは、新興国で人気が高いです。

なぜなら、電子部品が少ないことで修理もしやすく長く使えるから。

テノ

何十年も前のトラクターが使えたりするのが驚きですよね!

古いからと諦めずに、まず買取業者に査定してもらいましょう。

故障していてもパーツに値がつく

トラクターはパーツ単体でも値がつくほど、需要があります。

だから壊れてるからと、買取を検討せず、廃棄処分するのはもったいないです。

テノ

動かない場合でも値がつく場合があります!

諦めないで!!!

まずは買取業者に査定してもらいましょう。

値がつかなくても低額で引取りしてもらえる可能性がある

故障箇所が多く、需要のない機械の場合、値がつかないこともあります。

その時に、廃棄処分より低額で引取りしてくれたり、無償で引取してくれる可能性があるのです。

テノ

中古トラクターの需要があるからこそ、まずはお金にならないかどうか買取業者に連絡することが重要です。

トラクターを買取処分してもらう方法

まずはトラクターの買取全体の知識を身につけることをオススメします。

何も知らないと前述した通り、買い叩かれてしまう可能性があるからです。

しかも買い叩かれたからと言って、それは犯罪などにはなりません。

以下の記事を読んでまずはトラクターを買取してもらう時に重要なことを抑えましょう。

オススメ記事

トラクターを高価買取してもらう7つの基礎知識まとめ

記事の内容

・トラクターの買取サービスがオススメな理由

・買取相場の高いトラクターの特徴

・トラクター買取査定の流れ

・トラクター買取業者の選定方法

・トラクターの買取業者の相見積もりする時の注意点

 など記載しています。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:まずは買取業者の無料出張査定に申し込もう

以下の通りに買取を進めてみてください。

  • 買取業者を選定
  • 電話などで概算見積もり
  • 無料出張査定してもらう
  • 納得すれば同意書を記入しお金をもらう
  • 引取りしてもらう

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

農機具王の買取サービスなら

私たちは以下のような体制で買取を行っております。

  • 無料出張査定に対応!
  • 24時間専門のオペレーターが親身になって電話対応いたします!
  • 農機具の買取知識をこの公式ブログでご紹介
  • よくあるご質問も完備
  • 全国20箇所の買取店舗あり
  • 買取実績豊富
  • 販路はヤフーオークション、店舗販売、新興国への輸出があります
  • お電話でどんなものが買取できるかご相談ください!まとめて買取可能です。

まずは買取業者の相見積もりをする業者として候補を入れて頂けたら幸いです。

  • 投稿日
  • 更新日
  • 著者 テノ
  • カテゴリー トラクター

テノ