◇第二章◇ 入社〜引継いだ時の想い〜

農機具王群馬店は群馬県・埼玉県・栃木県の3県が 出張買取査定エリアとなっている。

◇入社◇

農機具王群馬店は群馬県・埼玉県・栃木県の3県が

出張買取査定エリアとなっている。

2017年6月…

期待と不安を胸に私は農機具王 群馬店に入社した。

入社して最初の仕事は、

お客様から買取させて頂いた農機具の洗浄を任された。

使っていたお客様の想いのこもった農機具達を次に使ってもらう

お客様の為、隅々まで洗浄する作業。

6月の梅雨時期でジメジメと蒸し暑い日が続く中、ひたすら洗浄をした。

辛い過去を忘れる為、仕事に没頭していた。

日焼けして真っ黒になりながら…

そんな毎日が自分にとって充実していた。

ある日、出張買取査定に行くスタッフに同行する事になり、

スタッフと共にお客様の所へ向かった。

到着して挨拶を済ませると早速、査定を開始。

機械のエンジンをかけて動作を確認しているスタッフの

やり方などを覚えていると、お客様から突然話しかけられた。

「農家続けたいけど、高齢になって体の自由が利かなくなってね」

「息子はサラリーマンで農業は出来ないから…」

寂しそうな表情をしていた。

「お父さんの想いのこもった機械しっかり見させて頂きますね」

「ありがとう…農機具王さんへ頼んで良かったよ」

最初は寂しそうな表情のお父さんだったが、世間話をしたり、

これまでの農業の話を聞かせてもらっているうちに、

いつの間にかお父さんは笑顔になっていた。

自分も嬉しい気持ちでいっぱいになっていた。

査定が終了し買取金額をお伝えし、お父さんは納得して頂き農機具を買い取らせて頂いた。

トラックへ農機具の積み込みが終わり、挨拶へ向かうと

「最後に写真撮らせてもらっていいかな?」

「折角だからお父さんも一緒に撮りましょう」

長年、愛用していたトラクターの隣に立って笑顔で写真撮影。

「ありがとう…」

お父さんの後ろ姿は寂しそうでもあるが、今までお疲れ様の感謝を感じた。

「今日は本当にありがとう。査定だけじゃなく色々と話し相手になってくれて」

「農機具王さんなら安心して任せられるよ。次に使ってくれる方の為に綺麗にしてあげて欲しい。」

「任せてください!お父さんの想いも次のお客様へお繋ぎ致します!」

お客様に見送られ農機具王のトラックが見えなくなるまで見送ってくれた。

人から「ありがとう」を言って頂ける仕事。

この仕事のやり甲斐を感じる1日になった。

自分は常日頃から「感謝」する事を忘れない。

お客様への感謝

一緒に働く仲間への感謝

家族への感謝

自分を救ってくれた支社長への感謝

そして会社への感謝

人として決して忘れてはいけない事。

大切な事を学び成長出来る会社。

それが農機具王

農機具王で出会う全ての人達へ感謝を込めて。

◇引き継いだ時の想い◇

入社して仕事もある程度覚えてきたある日...

自分にとって大きな転機が訪れた!

それは・・・

第三章へつづく…

◇第一章◇ 人生が変わる最高の出会い〜

◇第三章◇ 引き継いだ時の想い~現在(最終章)

テノ